ファイルI/O関数 LabVIEW

5-13

LabVIEWのファイルI/O関数関数を説明します。ファイルI/O関数は、ファイル保存、読み込み、パスの作成を行うことが出来ます。

LabVIEWファイルI/O関数

ファイルI/O関数一覧

区切られたスプレッドシートに書き込む

文字列、数値の2D/1D配列をスプレッドシート形式文字列に変換して、ファイルに書き込みます。

区切られたスプレッドシートに書き込む

区切られたスプレッドシートを読み取る

スプレッドシート形式文字列で保存されたファイルからデータを読み取み、数値、文字列の2D配列に変換します。

区切られたスプレッドシートを読み取る

計測ファイルに書き込む

テキストベースの計測ファイル (.lvm)、バイナリ計測ファイル (.tdmまたは.tdms)、またはMicrosoft Excelファイル (.xlsx) にデータを書き込みます。

計測ファイルに書き込む

計測ファイルから読み取る

テキストベースの計測ファイル (.lvm) あるいはバイナリ計測ファイル (.tdmまたは.tdms) からデータを読み取ります。

計測ファイルから読み取る

ファイルを開く/作成/置換

ファイルダイアログボックスを使用して、既存ファイルをプログラム的または対話的に開いたり、新規ファイルを作成したり、既存ファイルを入れ替えたりします。

ファイルを開く/作成/置換

ファイルを閉じる

Refnum(参照番号)で指定された開かれたファイルを閉じます。

ファイルを閉じる

ファイルにフォーマット

文字列、数値、パス、またはブール値のデータをテキストとしてフォーマットして、テキストをファイルに書き込みます。

ファイルにフォーマット

ファイルからスキャン

文字列、数値、パス、ブールデータを調べるために、ファイル内のテキストをスキャンして、テキストをデータタイプに変換して、複製されたrefnumと変換された出力をスキャンの順で返します。

ファイルからスキャン

テキストファイルに書き込む

文字列または文字列の配列をファイルに書き込みます。

テキストファイルに書き込む

テキストファイルから読み取る

テキストファイルから指定した文字数または行数を読み取ります。

テキストファイルから読み取る

バイナリファイルに書き込む

バイナリデータの新規ファイルに書き込みます。

バイナリファイルに書き込む

バイナリファイルから読み取る

ファイルからバイナリデータを読み取り返します。

バイナリファイルから読み取る

パス作成

入力したパスに名前またパスを追加したパスを作成します。

パス作成

パスをストリップ

パスの最後の要素の名前を取り除いたパスを出力します。

パスをストリップ

ファイルI/O関数 使用例

テキストファイル保存

例:VIと同じディレクトリにファイル名log.txtで0-4のテキストを保存する

  1. 現在のVIパスをストップしてVI名ストリップ
  2. log.txtのファイルパス作成
  3. ファイルを作成
  4. Whileループを5ループして0-4の数値を文字列変換してテキストファイルに書き込む
  5. ファイルを閉じる
テキストファイル保存

実際のプログラムではWhileループの部分が計測値、結果データを読み込む処理となります。

テキストファイルが作成される

テキストファイル

テキストファイル読み取り

例:VIと同じディレクトリにあるlog.txtを読み込んで出力する

  1. 現在のVIパスをストップしてVI名ストリップ
  2. log.txtのファイルパス作成
  3. ファイルを開く
  4. テキストファイルから読み取る
  5. ファイルを閉じる
テキストファイル読み込み

スプレッドシートをCSV保存

例:VIと同じディレクトリにファイル名log.csvでスプレッドシート保存する

  1. 現在のVIパスをストップしてVI名ストリップ
  2. log.csvのファイルパス作成
  3. ファイルを作成して、カンマ(,)区切りで1D配列[No,入力値]を書き込み
  4. ファイルに追加で、カンマ(,)区切り、数値[1,10.1][2,5.2][3,3.3]を書き込み
  5. ファイルを閉じる
スプレッドシート保存

CSVファイルが作成される

CSVファイル

CSVファイルはカンマ(,)区切りのフォーマットで、Excelなどの表形式アプリケーションで開くことができます。

前ボタン
前の講座
トップボタン
LabVIEW基本講座TOP
次ボタン
次の講座


次の記事

上級ファイル関数 LabVIEW