はじめに

LabVIEWとは、どのようなプログラムなのか、何ができるのか、どのように使うのか?
LabVIEWの画面をご覧いただきながら、LabVIEWの操作方法、プログラムの描き方、表示などを解説していきます。

このカテゴリでは株式会社ペリテックが社内研修で行っている「LabVIEW基本講座」を紹介しています。

基本講座の目的

  1. LabVIEWの概要を理解
  2. LabVIEWのインストール作業
  3. LabVIEWの基本的な操作方法を習得

LabVIEW基本講座一覧

講座のタイトル名をクリックすると該当ページにジャンプします。

※ページは随時更新していきます。

LabVIEW基本講座1 LabVIEWの始め方

  1. LabVIEW基本講座
  2. LabVIEWをダウンロード
  3. LabVIEWのインストール
  4. LabVIEWの起動
  5. LabVIEWの環境設定

LabVIEW基本講座2 操作方法

  1. VIウィンドウパレットの操作方法
  2. VIの作成/保存
  3. VIのフロントパネル操作
  4. VIのブロックダイアグラム操作
  5. VIのエラー修正
  6. VIハイライト・シングルステップ・ブレークポイント
  7. VIプローブ

LabVIEW基本講座3 ストラクチャ・ループ

  1. LabVIEWストラクチャ・ループ
  2. Forループ
  3. Whileループ
  4. ケースストラクチャ
  5. イベントストラクチャ
  6. シーケンスストラクチャ
  7. シフトレジスタ

LabVIEW基本講座4 データ型

  1. データ型
  2. 配列
  3. クラスタ
  4. グラフ
  5. 列挙体・リング
  6. 表・リストボックス
  7. 装飾体

LabVIEW基本講座5 関数

  1. LabVIEW関数
  2. 数値関数
  3. 数値変換関数
  4. ブール関数
  5. 文字列関数
  6. 文字列変換関数
  7. 比較関数
  8. 配列関数
  9. クラスタ関数
  10. タイミング関数
  11. ダイアログ
  12. アプリケーション制御
  13. ファイルI/O関数
  14. 上級ファイル関数
  15. 同期:キュー

最新投稿

同期:キュー関数 LabVIEW

LabVIEWの同期:キュー関数。LabVIEW基本講座5-15。同期:キュー関数は、キューの操作を行います。キューとは、待ち行列のことで、プログラムの基本的なデータ構造の一つです。データ入力を保持して、出力を順番に行います。順番通りに処理するプログラミングに使われます。

上級ファイル関数 LabVIEW

LabVIEWの上級ファイル関数。LabVIEW基本講座5-14。上級ファイル関数は、ファイル、ディレクトリ、パスを操作することが出来ます。ファイルのコピー、削除、サイズや更新日の取得、ファイルの存在確認、ファイルダイアログの表示を行います。

ファイルI/O関数 LabVIEW

LabVIEWのファイルI/O関数。LabVIEW基本講座5-13。ファイルI/O関数は、ファイル保存、読み込み、パスの作成を行うことが出来ます。

アプリケーション制御関数 LabVIEW

LabVIEWのアプリケーション制御関数。LabVIEW基本講座5-12。アプリケーション制御関数は、LabVIEWの停止/終了、プロパティの設定をプログラムで変更、プリンタで印刷などアプリケーションで操作する処理をプログラミングすることが出来ます。

ダイアログ関数 LabVIEW

LabVIEWのダイアログ関数。LabVIEW基本講座5-11。ダイアログ関数は、ダイアログ画面の表示、設定、ダイアログで入力された値の出力、エラー警告画面の表示、エラーのデータの操作を行えます。ダイアログとは、ユーザーに情報を表示したり、入力を求める画面のことです。

1 2 9