ダイアログ関数 LabVIEW

LabVIEW基本講座5-11

LabVIEWのダイアログ関数を説明します。ダイアログ関数は、ダイアログ画面の表示、設定、ダイアログで入力された値の出力、エラー警告画面の表示、エラーのデータの操作を行えます。ダイアログとは、ユーザーに情報を表示したり、入力を求める画面のことです。

LabVIEWダイアログ関数

ダイアログ関数一覧

1ボタンダイアログ

メッセージと1つのボタンを含むダイアログボックスを表示します。

例:メッセージ[OKですか?]、ボタン名[はい]を入力、表示されるダイアログではいをクリック

1ボタンダイアログ

ダイアログ

1ボタンダイアログ

2ボタンダイアログ

メッセージと2つのボタンを含むダイアログボックスを表示します。

例:メッセージ[OKですか?]、Tボタン名[はい]、Fボタン名[いいえ]を入力、表示されるダイアログではいをクリック

2ボタンダイアログ

ダイアログ

2ボタンダイアログ

3ボタンダイアログ

メッセージと3つのボタンを含むダイアログボックスを表示します。

例:メッセージ[OKですか?]、Tボタン名[はい]、Fボタン名[いいえ]を入力、表示されるダイアログではいをクリック

3ボタンダイアログ

ダイアログ

3ボタンダイアログ

シンプルエラー処理

エラーが発生ダイアログを表示させます。設定入力でダイアログの種類、ダイアログの非表示を設定できます。

例:エラークラスタ(ファイルのパス違いエラー)を入力、ダイアログタイプに[OKメッセージ]

シンプルエラー処理

ダイアログ

シンプルエラー処理

一般エラー処理

エラーが発生ダイアログを表示させます。設定入力でダイアログの種類、ダイアログの非表示を設定できます。シンプルエラー処理より詳細な設定を行うことができます。

一般エラー処理

ダイアログ

一般エラー処理

エラークリア

エラーステータスをエラーなし、コードを0、ソースを空文字列にリセットします。

エラークリア

エラー結合

複数のエラークラスタを結合して、1つにします。

例:エラークラスタ[Fales,9997,ユーザー定義警告]と[True,9999,ユーザー定義のエラー]を入力 → エラークラスタ[True,9999,ユーザー定義のエラー](Trueになっているエラーが優先される)

エラー結合

エラーコードからエラークラスタ

エラーまたは警告コードをエラークラスタに変換します。

例:エラーコード[7]、ソース[エラー7]を入力

エラーコードからエラークラスタ

第1エラー検索

数値エラーコードを出力として生成します。

例:エラーコード[0,7]、ソースメッセージ[エラーなし,エラーあり] → エラー[True]、エラー出力[True,7,エラーあり]

第1エラー検索

ユーザ入力プロンプト

ユーザ名、パスワードなど、入力情報を表示する標準のダイアログボックスを表示します。

ユーザ入力プロンプト

プロパティ画面

ユーザ入力プロンプト

ダイアログ

ユーザ入力プロンプト

ユーザにメッセージを表示

警告やメッセージを含む標準のダイアログボックスを表示します。

ユーザにメッセージを表示

プロパティ画面

ユーザにメッセージを表示

ダイアログ

ユーザにメッセージを表示
前ボタン
前の講座
トップボタン
LabVIEW基本講座TOP
次ボタン
次の講座