IoTではじまる工場の生産性改善


ネットワークと工場の連結~スマート・コネクテッドファクトリー化~

一般的に「モノのインターネット」と呼ばれているIoT(Internet of Things)は、製造業界においても広く活用されています。工場内にあるすべてのシステムがネットワークに連結された状態が、スマート・コネクテッドファクトリー化です。それぞれが相互に接続を行うことにより、従来では難しかった作業効率低下の原因や、製品クオリティを高めるためのヒントを得ることができます。その結果をもとに、工場内の「モノ」と「人」が協業できる環境を整えられれば、より高効率で高品質な生産が実現するでしよう。

ネットワークと工場

工場のIoT化によるメリット

自動化による
コスト削減

データ取得・解析による最適化

機器コネクトによる
生産性向上

製造業における工場のIoT化は、コスト削減や生産性改善、品質向上に極めて有効な選択肢です。生産に関わる「部品・製品」「設備・機器」「運送装置」、そしてウェアラブルやモバイル端末を持つ作業者をインターネットによってつなぐことにより作業を効率化。さらに、得られたデータの角牢析によって、よりよい生産環境の構築を可能にします。

ペリデックのIoT導入事例~機械設備状態監視システム~

機械設備状態監視システム

導入の概要

機械設備状態監視システムは、工場内にある産業用設備の動作・運転状態をオンラインで遠隔監視する疲術です。機械に装着した加速度センサや温度センサ、光電センサなどをデータ収集装置にリンクさせ、データをリノノルタイムで収集してトラブルの防止に役立てます。単に機械のコンディションをモニタリンクするだけでなく、集めたデータを解析によって有効活用し、故障の予兆を発見します。

導入のメリット

振動やノイズ、温度上昇といったデータを角牢析することで機械が正しく動いているかどうかの情報が得られ、早期の段階で機械の欠陥を検知したり、予期せぬ故障による運転停止やそれに伴う高額な修理を避けたりすることが可能に。モニタしたデータはWeb上から閲覧できるため、管理者はどこにいても現場の状況を正確に把握できるようになります。

機能一覧

多チャンネルセンサデータロギング、再生、解析、レポーティンク、Webからのモニタリンク

  • 光ファイバー計測
  • 変状調査
  • 振動計測
  • 画像診断
  • ワイヤレス計測
  • 状態監視
  • 劣化診断
  • 耐震診断