自動車メーカーIT企業が参入する自動走行技術こおける市場変化


自動車メ-カーIT企業が参入する自動走行技術こおける市場変化

技術の発展が、私たちのカーライフを根本から変えようとしています。そのキーとなるのが「自動走行技術」です。現在、国内外の大手自動車メーカーはもちろん、世界最大のIT企業として知られるGoogle社も、自社の持つ高度な情報処理技術を生かした自動走行分野のテクノロジ開発に乗り出していることが伝えられています。今後、こうした開発競争がより激化すれば、人が運転しない車が街を行き交う未来が訪れるかもしれません。

最新の安全運転技術トレンドを一挙ご紹介

1.センサ技術発達による自動走行が実現間近に

近年、実用化が現実的になってきた自動走行技術。その背景には、センサ技術の発達が大きく関わっています。自動走行車にはいくつものセンサが組み込まれ、周囲の状況や走行中の車両の情報を的確に把握。インプットされた情報は車両制御を司るソフトウェアに送られ、これにより目的地までの走行だけでなく、車両に迫る危険や起こりうる事故などを防止することが可能となっています。

2.安全技術の大幅な向上

すでに実用化がなされている自動ブレーキシステムなど、自動車走行中の安全を守る技術の発展は目覚ましいものがあります。これはセンサ技術を利用したものや、カメラによる情報インプットによるもので、歩行者の認識や車間・車道・車線の適切な制御、障害物の検知による急発進抑制、さらには標識の認識までもが可能です。今後も、安全運転に関わる技術の発展には大きな期待が寄せられることでしよう。

3.カーシェアリングなど新規ビジネスヘの発展

アメリカですでにサービスが開始されている「Uber(ウーバー)」。スマホアプリを使って普通のタクシーの他にも登録ドライバーの自動車を配車できるこのサービスは、すでに世界60カ国で展開されています。国内においても、サービス開始への期待も増加。これに自動走行によるロボットカーが加わると、今後カーシェアリンクといったビジネスがより発展していくことが予想されます。