S.E.A. Datentechnik GmbH社 と 株式会社ペリテックV2X技術においての業務提携を締結

V2X テストソリューション技術を日本およびASEAN諸国の自動車産業へ

2021年1月25日 株式会社ペリテックとS.E.A. Datentechnik GmbH社 は、V2X技術においての業務提携を締結しました。

ペリテック S.E.A.社とV2X技術において業務提携を締結

革新的なシステムインテグレーション企業であるS.E.A. Datentechnik GmbH社(S.E.A.社)は、日本、ベトナムおよびASEAN諸国の地域統合パートナーとして、株式会社ペリテックとのパートナーシップを締結したことを発表しました。これにより、S.E.A.社はV2Xパートナーネットワーク、およびグローバルなカスタマーサポートをより強化します。

両社はNIプラットフォームによるインテグレーションのリーディングカンパニーであり、このパートナーシップによって、ペリテックが日本およびASEAN諸国においてS.E.A.社のV2X技術を最大限に活用したソリューションの提供とカスタマーサポートを強化します。

S.E.A.社創設者兼CEOのGerdSchmitz氏は今回のパートナーシップについて次の通り説明しています。「両社のパートナーシップ締結により、日本およびASEAN諸国の顧客に、現在と将来のV2Xおよびコネクテッドカー技術の開発、検証、製造において高い価値を提供できると確信しています。S.E.A.社のV2X試験製品と能力を用いた両社のテストシステムの経験により、ペリテックのカバーするエリアではリーズナブルかつ迅速なサービスと対応力で、最高のソリューションを提供できる体制になりました。」

ペリテックの代表取締役の井澤 年宏 氏も今回のパートナーシップについて次の通り説明しています。「ペリテックはNIアライアンスパートナーであり、NI社のプラットフォームによるV2Xテクノロジーを有するS.E.A.社.とのパートナーシップを大変うれしく思います。V2Xはペリテックの技術の幅を増やし、車載部品サプライヤー、チップセットベンダー、およびV2Xユーザーにより多くの価値あるサービスを提供することができるようになります。ペリテックはECUテスタの開発経験があり、NI社から高い高周波技術を認められたRFワイヤレススペシャリティパートナー認定を受けています。今回の提携によりV2Xテクノロジー技術を得たことで相乗効果が期待できます。」

S.E.A.社の”V2Xテクノロジー”について

コンパクトで自動化され、ターンキーシステムであるS.E.A社のテストシステムは、スケーラブルなソフトウェアおよびハードウェアコンポーネントを使用して、V2Xテクノロジーの効率的で信頼性の高いテストを可能にします。
V2Xテクノロジーは、S.E.A.社のモジュラーV2Xテストプラットフォームによるソフトウェア無線(SDR)テクノロジーに基づいており、RF準拠の物理層での測定、製造テスト、プロトコルレベルテスト、V2X総合試験用のV2Xトラフィックシナリオシミュレーションなど、V2X試験の包括的な自動試験を可能にします。
オープンループまたはクローズドループのHILシステムにおけるシナリオベースの試験は、北米、ヨーロッパおよび中国におけるV2X国際基準に準拠しています。
特定のテストアプリケーションカタログは、RF適合性測定やV2XのDay1-ユースケースなど、効率的に試験ができる柔軟なテストシステムとなっています。

S.E.A社のソフトウェア無線(SDR)アプローチは、今日のDSRCやC-V2Xに加え、将来の新しい5G-NR V2X技術の初期段階における開発の検証と妥当性確認を早い段階で独自に利用可能にします。シリコンベース(チップセット)のソリューションでは無く、この高いフレキシビリティを持つアプローチにより、最大限の能力でV2X試験シミュレーションを可能とすると共に、フィールドでの信号解析、通信試験など独自の試験システムを提供いたします。また、SDRベースの携帯型V2X探知機デバイスも提供しており、DRSCおよびC-V2X用の使いやすいデバイスとなっており、プロトコルやRF情報を集録可能です。

S.E.A.社とペリテックの強みを生かす事で、試験のカスタマイズやスケーラブルなV2Xターンキーテスト、ECUテスト、システムレベルテスト、ラボテストアプリケーション用シミュレーション等のさまざまなソリューションとサポートを実現します。NI PXIプラットフォームのアプリケーションにより、レーダー、LIDAR、完全なクローズドループ(HIL)ADAS /自動運転技術テストシステム用のカメラ等のセンサーや通信技術のパワフルかつシームレスなインテグレーションが可能になります。

S.E.A. Datentechnik GmbH.について

ドイツのトロイスドルフを拠点として、1995年以来、テストシステムを提供する革新的なシステムインテグレーション企業です。さまざまな技術分野の産業界、政府、および研究機関のパートナーとして、顧客固有のテストシステムの設計、統合、および長期メンテナンスを提供しています。NIアライアンスパートナーとして多くの賞を受賞しています。S.E.A.社の戦略的重点分野は、V2XのRFベース技術テスト、測定システムおよび製品の実装です。

S.E.A.社はCar-2-CarコンソーシアムやOmniAirなどのV2X関​​連コンソーシアムのアクティブメンバーであり、自動運転技術のテストシステム用ADASiiTの創設メンバーでもあります。

詳細についてはS.E.A社 公式サイトhttp://www.sea-gmbh.comをご覧ください。

株式会社ペリテックについて

群馬県高崎市にあるペリテックは、1985年以来、試験/計測システムの開発と提供をしてきました。ペリテックは日本で上場されているテクノアルファ株式会社の子会社です。日本企業で唯一のNI社のプラチナアライアンスパートナーであり、NIから様々な賞を受賞しています。

ペリテックは、自動車業界、半導体業界等、多くの産業界の企業と取引があります。ペリテックの戦略的重点分野は、NI社の提供するテクノロジーツールであるLabVIEW、SystemLinkやNI製品を使用しての大規模システム開発です。主な開発アプリケーションには、自動車業界向けECUテスタなどの自動車アプリケーション、車載向けチップを含む半導体テスト、政府、研究機関、航空宇宙業界、生産ラインの監視システムなどがあります。

詳細についてはペリテック 公式サイトhttps://www.peritec.co.jpをご覧ください。


前の記事

LabVIEWをダウンロード

次の記事

LabVIEWの起動