最新記事

  • NI MAX VISAテストパネル画面
    NI MAXのVISAテストパネル画面について説明します。VISAテストパネル画面では、PCに接続した計測デバイスの通信制御を行うことができます。本ページでは、VISAテストパネルの画面の一覧を掲載しています。
  • LabVIEW基本講座 ハードウェア編
    LabVIEWで、計測システムにおいて基本となるセンサから電気信号の測定、アナログ入力、アナログ出力、デジタル入出力、計測器を制御する通信を行う方法について説明します。
  • DAQmx LabVIEWプログラミング
    関数パレットからDAQmx関数を使用したプログミングについて説明します。DAQmx関数を選んで、DAQ(データ集録デバイス)と​電圧、​電流などの入力、出力プログラムを作成します。
  • LabVIEWサンプルを検索
    でサンプルを検索する方法を説明します。タスクから選択する方法、キーワード検索、ハードウェアを指定して実行可能なサンプルVIのみ検索する手順を説明します。
  • LabVIEW計測・制御シリーズ 新作動画 公開 2021年11月
    LabVIEWプログラムを作成して計測器を実際に動作させてみるシリーズ第5弾 Tektromnix デジタルオシロスコープ DPO7254CをUSB-GPIBで PCと接続しリモートで制御しました。
  • DAQアシスタント
    LabVIEWのDAQアシスタントを説明します。DAQアシスタントは、Express VIであり、表示されるダイアグラム対話式で構成することで、DAQmxプログラムを構築できます。
  • DAQmx関数
    LabVIEWのDAQmx換関数を説明します。DAQmx関数は、NI社製DAQデバイスのデータ収集、信号発生、設定操作のプログラムができるVI関数です。
  • NI MAXテストパネル カウンタI/O
    NI MAX テストパネルのカウンタI/O画面について説明します。カウンタI/O画面では、入力された信号の電圧立ち下がりエッジの回数をカウントします。
  • NI MAXテストパネル デジタルI/O
    NI MAX テストパネルのデジタルI/O画面について説明します。デジタルI/O画面では、、NI-DAQmxデバイスでデジタルInput/Output(入力/出力)の操作を行って機能を確認することができます。
  • NI MAXテストパネル アナログ出力
    NI MAX テストパネルのアナログ出力画面について説明します。アナログ出力画面では、設定した電圧値のアナログ信号を出力することができます。
  • NI MAXテストパネル アナログ入力
    NI MAX テストパネルのアナログ入力画面について説明します。アナログ入力画面では、入力した信号の電圧値測定を行うことができます。
  • NI MAX
    NI社が提供している計測機器管理アプリケーションNI MAXを説明します。デバイスの管理、設定、簡易テストが行えるアプリケーションです。NI MAXは無償で使用することが可能です。
  • NI DAQ
    DAQとは、Data AcQuisitionの略で、データ集録を意味します。​電圧、​電流、​温度、など​​を記録して​計測​する​プロセスのことです。​NI DAQデバイスはNI社が販売しているDAQ装置です。​
  • ファンクションテスタの実績
    ファンクションテスタの事例紹介 1.医療機器メーカー向けファンクションテスタ 2.自動車メーカー向けECU基板生産検査装置 3.火災報知機メーカー向け火災報知設備用基板検査装置 4.パワー半導体メーカー向けインバータ制御基板検査装置
  • LabVIEW2021 新機能
    新しいLabVIEW「LabVIEW2021」の新機能を紹介します。デザイン変更。新しい関数(MATLAB)(SFTP)(Phyton)。新しい警告。
  • LabVIEW2021 リリース
    LabVIEWソフトウェアの最新版「LabVIEW2021」が2021/08/13にNIからリリースされました。新しいMATLAB関数、Phytonサポートの改善、新しいSFTP、新しいフィルタリング、メニュー
  • 情報処理技術者試験
    ペリテックには情報処理技術者・情報処理安全確保支援士が在職しています。 ペリテックでは、情報処理技術者試験に対して、会社の事業・担当業務の遂行に有効な資格検定として推奨しています。
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)​
    DX(Digital Transformation:デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術を駆使して、企業経営全体を変革する取り組みのことです。DXの定義、日本におけるDXの取り組みを紹介。
  • SpaceMaster GEO テレメトリデータ管理・視覚化
    SpaceMaster GEO テレメトリデータ管理および視覚化ソフトウェア。、テストドライブデータのオフラインの視覚化と分析を可能にする専用の評価および視覚化ソフトウェアプラットフォームです。
  • 計測・解析の映像シーン提供
    (株)ペリテックでは、テレビ・映画・WEB動画・画像で使える計測映像をご提供します。LabVIEWではソフトウェア画面を自由にカスタマイズでき、シミュレーション機能も豊富なため、ご希望の計測映像を提供できます。
  • NIとSEAがOmniAir認定テスト機器(OQTE)ステータスを獲得
    NIとSEAがC-V2XモジュラーベンチテスターおよびC-V2XとDSRCスニファーのOmniAir認定テスト機器(OQTE)ステータスを獲得しました。
  • LabVIEW基本用語
    LabVIEW基本講座の用語一覧です。詳細ページ欄をクリックすると各用語の説明ページを表示します。
  • 日商プログラミング検定
    株式会社ペリテックは日商プログラミング検定施行機関の「エムセップ高崎校」として登録されています。商工会議所の検定試験は、「商工会議所法」という法律に基づいて、全国統一の基準により実施している「公的試験」です
  • LabVIEW再設計者認定試験(CLA-R)
    LabVIEW再設計者認定試験(CLA-R)について、試験の概要、受験する際のアドバイスを紹介します。LabVIEW設計者認定の有効期限4年後、再度4年間の認定を取得する試験です。試験は英語のみです。
  • TENET GECO Motion | LabVIEW対応モーションコントローラ
    TENET GECO Motionは、LabVIEW向けに設計された4軸プログラマブルモーションコントローラ。独自のモジュラーハードウェア設計に加えて、LabVIEWのAPIを提供します。
  • LabVIEW開発者再認定試験(CLD-R)
    LabVIEW開発者再認定(CLD-R)試験について、試験の概要、受験する際のアドバイスを紹介します。LabVIEW開発者認定の有効期限3年後、再度3年間の認定を取得する試験です。
  • LabVIEW設計者認定(CLA) 受験アドバイス
    LabVIEW設計者認定(CLA)試験について、試験の概要、受験する際のアドバイスを紹介します。ブロックダイアグラムのスタイル、仕様の実装度、アーキテクチャ開発。LabVIEW設計者認定(CLA)試験は、開発者がアプリケーションを開発できるVIデザインを作成できることを評価するため、実際に機能するアプリケーションを作成する必要はありません。
  • LabVIEWサポート
    LabVIEWでの開発、LabVIEWの使用に関してサポート致します。LabVIEWでのお困りごとご相談ください。
  • LabVIEW開発者認定(CLD) 受験アドバイス
    LabVIEW開発者認定(CLD)試験について、試験の概要、受験する際のアドバイスを紹介します。1.デザインパターンの選択、2.フロントパネルの設計手法、3.ブロックダイアグラムの設計手法、4.プログラミング手法
  • Enjoy!LabVIEW 新作YouTube 公開 2021年8月
    【甘楽町〜富岡製糸場 走行】LabVIEWで走行軌跡と速度算出プログラムを作る・走行算出編 プログラム紹介 をMSEP YouTubeチャンネルにて公開しました。
  • LabVIEW準開発者認定(CLAD) 受験アドバイス
    LabVIEW準開発者認定(CLAD) 試験について、試験の概要、受験する際のアドバイスを紹介します。試験区分、試験形式、見直し、注意点。
  • EMC ノイズ対策レポート
    「EMC」とはElectromagnetic Compatibilityを略した用語で、日本語に訳しますと「電磁両立性」になります。エンジニアを悩ますノイズ対策についてお届けします。
  • LabVIEW開発者/設計者認定試験
    LabVIEW認定試験は、 LabVIEWの開発者としてNI社の要求する技術レベルに達していると認められたことを証明する試験です。
  • TwinCATシステム開発
    ペリテックではBeckhoffのTwinCATを使用したアプリケーション開発を承っております。TwinCATは、Beckhoff社が提供しているプログラミング開発ソフトウェアパッケージです。
  • LabVIEW認定試験 情報ページ公開
    LabVIEW開発者/設計者認定試験の概要と受験アドバイスを掲載したページを公開しました。
  • 画像処理・解析
    LabVIEWとIMAQvisionにより多彩な画像処理に対応可能です。画像解析事例:車両監視、寸法測定装置、IC外観検査装置、パネル監視装置、色柄検査
  • Enjoy!LabVIEW 新作YouTube 公開 2021年7月
    「LabVIEWでバイク走行軌跡マッピングをしてみた・バイク紹介編・Kawasaki Ninja 250 2020年モデル」をMSEP YouTubeチャンネルにて公開しました。GPSロガーのファイルからLabVIEWで走行の軌跡と速度を算出するプログラム。
  • BMS(バッテリーマネジメントシステム)試験
    BMS(バッテリーマネジメントシステム)試験システムを開発します。電流量・電圧量・温度・電池残量といった各種パラメーターを制御して、BMSの品質評価を行います。
  • PythonとLabVIEW
    PythonとLabVIEWの関連について紹介。1.LabVIEWからPythonを呼び出す。2.PythonからLabVIEWを呼び出す
  • ZigBee分析ツールキット
    ZigBee Measurement Suiteは、LabVIEW用のソフトウェアアドオンです。ZigBeeデバイスのパフォーマンステスト、測定、分析をすることができます。
  • V2Xイノベーション
    V2Xは、運転の安全性向上にもつながる新しいテクノロジです。自動車の安全性と効率性を向上させるべく、緊急ブレーキ警告、リアルタイムの交通警報などの研究が進んでいます。
  • ANNAPI 機械学習モデルLabVIEWアドオン
    ANNAPIは、トレーニング済みの機械学習モデルをロードするための4つのLabVIEW VIを含むソフトウェアアドオンです。機械学習やプログラミングに関する深い知識がなくても、適切なニューラルネットワークを設計するのに役立ちます。
  • 音源探査・解析測定サービス
    異音の音源を見える化します。自動車、家・建築物、電子機器、工作機械及びその他の異音発生源の特定可能。設備の異常・劣化による異音検査、家の異音発生源の位置特定、故障個所の選別。
  • Enjoy!LabVIEW 新作YouTube 公開 2021年6月
    「LabVIEWでボウリング投球軌道考察をしてみました・投球編・スコア 279」と「LabVIEWでボウリング投球軌道考察をしてみました・考察編」をMSEP YouTubeチャンネルにて公開しました。
  • 音源可視化ソリューション
    ペリテックの音源可視化ソリューションは、ハンディタイプ測定マイクを使用して、自動車、建物、家電の異音の発生源を解析します。ご要望に合わせてシステムを開発することも可能です。
  • PCAN-USB用LabVIEWツールキット
    PCAN-USBでCAN通信をUSB変換してLabVIEWでCANのI/O解析を容易に実装可能。 開発ツールキットに用意されたアイコン(VI)を利用することで簡単にCAN通信プログラムを作成することができます。
  • 業界初EtherCAT対応の新エネルギー分野向け多チャンネルリチウムバッテリエミュレータの開発
    次世代型パワーユニット最有力候補のリチウムイオン2次電池をほぼ完全に模擬でき、その制御通信には高度化技術であるEtherCAT通信プロトコルを採用したニッチながら業界初の電池模擬装置を開発
  • 5Gとバーチャル技術を利用した製造業教育のDX化事業の構築
    5G(高速大容量通信)とバーチャル(MR)技術を利用した製造業の人材教育プラットフォームのDX(デジタルトランスフォーメーション)事業の構築事案を紹介します。
  • PXIシステム
    PXIは、PCIおよび PCIe (PCI Express) バスシステムに基づく高速データインターフェースを利用するモジュール式計測システムです。拡張性の高いモジュール式計測器、低遅延と高スループット、高い同期・トリガ、頑丈な筐体
  • バッテリーテストと計測
    WireFlow社のバッテリーテストシステムおよび測定機器の紹介。製造テストと設計特性評価の両方のためのシステムです。株式会社ペリテックは、Wireflow社と提携して、Wireflow社のシステムを日本・アジアで提供します。