装飾体 LabVIEW


4-7

LabVIEWの装飾体の説明をします。装飾体は丸、四角、線、矢印などフロントパネルを飾るオブジェクトとなります。プログラムのデータとして使用されません。

装飾体の作成

VIフロントパネルで、右クリック→「装飾体」のカテゴリから選択します。

装飾体LabVIEW

また、VIフロントパネルで、右クリック→「シルバー」→「装飾体」でシルバー系の装飾体を選択できます。

シルバー装飾体LabVIEW

他にも、「NXGスタイル」「クラシック」のカテゴリにも装飾体があります。

装飾体一覧

モダン

装飾体モダン

シルバー

シルバー装飾体一覧

クラシック

クラシック装飾体一覧

NGX

NGX装飾体一覧

装飾体の使用

装飾体は、拡大/縮小、ペイントツールで色を塗ることができます。装飾体とボタンなどの制御器、表示器を組み合わせることで、ユーザビリティの高い画面を作れます。

例:装飾体でコントローラを作り、上部に透明化したボタンを設置

装飾体使用例

画像データの設置

LabVIEWでは画像データをドラック&ドロップでVIに表示させることもできます。

画像のコピー


前ボタン
前の講座
トップボタン
LabVIEW基本講座TOP
次ボタン
次の講座