VIのブロックダイアグラム操作


2-4

LabVIEWでブロックダイアグラムのオブジェクト(端子、関数)の配置、ワイヤを配線する方法を説明します。
前回のLabVIEW基本講座2-3で作成したVIを使用してブロックダイアグラムを操作します。

ブロックダイアグラムの表示

ウィンドウの表示をダイアグラムに切替えます。 切替え方法は、メニューのウィンドウ/ダイアグラムを表示を選択してください。また、 簡単に切替えを行うには、ダイアグラム画面上をクリックする方法があります。

フロントパネルとブロックダイアグラム画面の切替え方法
①フロントパネルとブロックダイアグラムの切替えは、ショートカットキーCtrl+E でも行います。
②ブロックダイアグラム画面をクリックすることにより切替えを行うことができます。

VIブロックダイアグラム

VIワイヤ配線

ツールパレットの配線ツールを使用して各アイコンを結びます。
配線ツールは、ツールパレット上にあります。ツールパレットを表示していない場合は、メニューの表示/ツールパレットを選択して表示してください。

配線ツール

配線ツールによる配線方法について
端子と端子を配線するには、片方の端子で配線ツールをクリックし、接続する関数に移動して端子をクリックします。
配線の順番はどちらからでも構いません。

ワイヤ配線

VI実行

アイコンを配線したらVIを実行して動作を確認してみます。

1.フロントパネルのダイヤルをマウスでドラックで回す。

ダイヤル操作

2.メニューの実行ボタンをクリック

実行ボタン

VIの実行
VIの実行はショートカットキーCtrl+R でも行います。
実行ボタンの右ボタン、連続実行ボタンをクリックするとストップボタンをクリックするか、もう一度、連続実行ボタンをクリックするまで同じ実行を続けます。

3.タンク表示器にダイヤル制御器と同じ値が表示されます。

実行結果

ワイヤ削除

ワイヤを削除します。ワイヤの削除は、ワイヤを左クリックした状態でDeleteキーをクリックするか、ワイヤを右クリックして表示されるメニューで「ワイヤの分岐を削除」をクリックします。

ワイヤ削除

ブロックダイアグラムにオブジェクト配置

ブロックダイアグラム画面でオブジェクト関数の配置を行います。

今回は、数値関数の商「÷」(入力端子に接続された2つの数値を除算して結果を出力)を配置して、VI処理に追加します。
関数パレットの数値→商のアイコンをドラック&ドロップします。

数値関数パレット

商の関数にワイヤ接続します。

ワイヤ接続

除数(分母)に定数で「2」を設定します。
商関数の端子上で右クリック→作成→定数をクリックする。

定数

または、関数パレットで数値→DBL数値定数をクリックします。

定数配置

関数上右クリックメニューから作成で定数、制御器、表示器を作成するとワイヤが接続された状態で作成されます。

VI作成

作成したVIを実行するとダイヤルの1/2の値でタンクに表示されます。

実行結果
前ボタン
前の講座
トップボタン
LabVIEW基本講座TOP
次ボタン
次の講座