LabVIEW認定資格

LabVIEW認定開発者/設計者資格

LabVIEW認定プログラマーとは、 LabVIEWの開発者としてNI社の要求する技術レベルに達していると認められたプログラマーのことです。この資格は、主要製品の機能や設計概念に関する深い知識や専門技術を問う厳しいもので、LabVIEWについて深く理解し、その技術を最大限に生かすことのできる証明です。

​開発​者​は、​ Week​を​はじめ​と​する​各種​NI​イベントで表彰され、​特別​な​バッジ​と​リボン​が​贈​ら​れ​ます。​また​限定​セッション​や​プライベート​イベント​に​も​招待​さ​れ​ます。

ペリテックでは2021年現在、日本企業最多数の認定プログラマーを擁しています。

LabVIEW認定試験

NIの認定資格を取得することで、NI製品に関する高度な知識や技術力を持つ開発者としての能力が証明されます。
NI LabVIEW認定試験には、3種類のレベルがあります:

LabVIEW認定資格
  1. 準開発者認定試験(CLAD:Certified LabVIEW Associate Developer): LabVIEW環境における幅広い知識、基本的なコード理解と最善のドキュメント作成、および既存コードの理解と説明能力を証明します。
  2. LabVIEW 開発者認定試験(CLD:Certified LabVIEW Developer):最小限の開発期間でメンテナンスができる機能的なプログラムを設計および開発できる能力を証明します。
  3. LabVIEW 設計者認定試験(CLA:Certified LabVIEW Architect):設計者として最上級の技術レベルを持ち、ハイレベルな要件に対しても開発チーム用アプリケーションのフレームワークを開発できる能力を証明します。

LabVIEW認定証明

LabVIEW認定試験に合格するとLabVIEW開発者の証明ロゴを提示することができます。

LabVIEW CLAD

LabVIEW 準開発者認定

LabVIEW CLD

LabVIEW 開発者認定

LabVIEW CLA

LabVIEW 設計者認定