NI MAXテストパネル カウンタI/O

LabVIEW基本講座 ハードウェア編7

NI MAX テストパネルのカウンタI/O画面について説明します。
カウンタI/O画面では、入力された信号の電圧立ち下がりエッジの回数をカウントします。
エッジは、TTLレベルで2.0Vを超え、0.8Vを下回ったのを検出して、カウントします。
NI MAXの「デバイスとインターフェース」で表示されたNI USB-DAQを右クリック→「テストパネル」または、右メニューバーの「テストパネル」を選択して開かれるテストパネル画面で、「カウンタI/O」のタブをクリックするとカウンタI/O画面が表示されます。

カウンタI/O

入力された信号の電圧立ち下がりエッジの回数をカウントします。

カウンタI/O

1.チャンネル名

デバイスチャンネルを選択します。クリックすると使用できるチャンネル一覧が表示されます。

2.モード

デバイスチャンネルを選択します。クリックすると使用できるチャンネル一覧が表示されます。

パルス列生成周波数とデューティサイクルで周期信号を出力します。
エッジカウントデジタル信号の立ち上がりエッジ数をカウントします。

USB-6008ではエッジカウントのみ使用できます。

3.エッジソース

エッジのソースチャンネルを選択します。

ソース:参照元。元となる入力信号。

4.周波数

モードでパルス列生成を選択した場合、パルス信号の周波数を入力します。

5.デューティサイクル

モードでパルス列生成を選択した場合、パルス信号のデューティサイクルを入力します。

デューティサイクル:パルスにHIGH/LOWの幅の比率。

6.カウント値

検出したエッジ回数を表示します。

7.開始ボタン

カウントを開始します。

8.停止ボタン

カウントを停止します。

デジタルI/Oでカウンタテスト

NI MAXのデジタルI/O画面の操作でカウンタI/Oをテストします。

1.接続

(P0.0)と(PFI0)を接続します。

デジタルI/Oでカウンタテスト

2.カウンタI/O設定

カウンタI/O画面で設定を行います。

カウンタI/O設定

チャンネル名Dev1/ctr0
モードエッジカウント
エッジソース/Dev1/PFI0

3.開始

開始ボタンを押してカウンタI/Oを開始します。

4.カウント

デジタル出力のタブをHIGH→LOWにするとカウントが増加します。

カウント

5.停止

停止ボタンを押してデジタルI/Oを終わります。

アナログ入出力でカウンタテスト

NI MAXのアナログ画面の操作でカウンタI/Oをテストします。

1.接続

(AO0)と(PFI0)を接続します。

アナログ入出力でカウンタテスト

2.カウンタI/O設定

カウンタI/O画面で設定を行います。

カウンタI/O設定

チャンネル名Dev1/ctr0
モードエッジカウント
エッジソース/Dev1/PFI0

3.開始

開始ボタンを押してカウンタI/Oを開始します。

4.カウント

アナログ出力を2V→0Vにするとカウントが増加します。

アナログ入出力でカウンタテスト

5.停止

停止ボタンを押してデジタルI/Oを終わります。