ジェノパターンアナライザGP1000の開発 

遺伝子検査装置

近年バイオテクノロジーの進歩は目覚しく、新製品が次々に発表されています。熾烈な競争の中では新しいアイデアを取り込んだ製品をすばやく開発することが重要となっています。今回、ヤマト科学株式会社様の遺伝子検査装置・ジェノパターンアナライザGP1000の開発に参加させて頂きました。その過程で新しい開発手法をヤマト科学株式会社様と共同で編み出しましたので、その内容について紹介いたします。

特徴

1. DNA解離波形の計測
試作開発する遺伝子検査装置は、細菌・ウィルスその他あらゆる遺伝子に固有の塩基配列をDNA解離波形として計測します。具体的には設定された温度制御を実行しながらサンプルの蛍光強度を電圧として計測します。

2. DNAパターンの解析
アドジーン社が開発したジェノパターン法によりDNAの解離波形を図形上のパターンとして認識し、全体的な比較・同定を行います。具体的には既知のサンプル(結核菌など)を計測してマスタ登録しておき、未知サンプル計測後のグラフ波形をマスタ波形と比較して同定します。