SystemLinkを使用したリモート​​ソリューション


PERITEC SystemLink Remote Solution: PSRS

systemlink

ペリテックSystemLinkリモートソリューション概要

多く​の​エンジニア​が、​リモート​で​作業​を​行う​課題​に​直面​し​てい​ます。​お客様​が​どこ​に​い​て​も​作業​を​続行​できる​よう​に、ペリテックでは​必要​な​ツール​や​リソース​を​提供​いたしております。

ペリテックSystemLinkリモート作業ソリューションは、検証および実稼働テスト環境のためのインテリジェントなシステムを提供をいたします。そこでは、様々なデータ管理ソフトウェアとシステムを実装可能です。 ペリテックSystemLinkリモート作業ソリューションを使用すると、エンジニアは遠隔でも作業や管理を行うことができ、リモートでの課題を対応可能にします。

※SystemLinkはNational Instrumentsの製品です。

ペリテックSystemLinkリモート作業ソリューションを使うと、システム上にあるPC,CompactRIOやPXIに対して、ファームウェアやアプリケーションを配布したり、各PCのシステムの状況や接続機器の確認、状態の診断、設定の管理、データ管理、を表示したり、スマートフォンやタブレッドなどに表示することが可能になります。ペリテックSystemLinkリモート作業ソリューションアーキテクチャについては、次の図と表を参照してください。

SystemLink Webアプリケーションユーザおよびユーザのチームがシステム管理、ソフトウェアの実装、資産の校正、テスト監理などに使用できるWebベースのユーザインタフェースです。
SystemLinkサーバシステム、データ、および資産の接続および管理に必要な機能を実行するためのソフトウェア、サービス、およびAPIを含むコンピュータです。
管理下システムネットワークを介してSystemLinkサーバとデータを交換する処理単位です。データ収集や管理下システムの制御を開始する前に、各管理下システムにNI SystemLinkクライアントをインストールしてSystemLinkサーバに接続する必要があります。
管理されたデータストアデータの処理、マイニング、そしてユーザのチームのためのレポートを自動化する処理単位です。NI SystemLink Webアプリケーションからデータの管理とアクセスを開始するには、データストアにSystemLink TDMをインストールする必要があります。

ペリテックSystemLinkリモートソリューションの目的

現在、多くの企業は、急速なデジタルトランスフォーメーションのトレンドに移行するため、インダストリアル IoT(Internet of Things)、5G(第 5 世代移動通信システム)、自動車の電動化といった対応を迫られています。 複雑な被測定デバイスやそのデバイスの短期開発に対応するには、ワークフローで効率的に使用できる、個々のニーズにカスタマイズされた包括的なツールが必要です。 ペリテックSystemLinkリモート作業ソリューションは、計測、試験現場のエンジニアや研究者からの要望に応えて開発されました。

リモートワーク目的

ペリテックSystemLinkリモートソリューションの特徴

大規模なT&M環境の構成を自動化するという課題を解決するためにペリテックSystemLinkリモート作業ソリューションが構築されました

  • システム管理
    分散システムを接続し、リモートアクセスと可視化のためのWebベースのアプリケーションを提供する統合プラットフォームにより、システムの健全性、ソフトウェア構成のコンプライアンス、セキュアなデータ収集を向上させます
  • 資産管理
    校正追跡、トレーサビリティレポート、お客様定義のカテゴリ別のデバイス固有の使用状況を行うためのソフトウェアツールを使用して、資産使用率を最大化します。
  • 測定データ管理
    機能を使用して分析を高速化し、分散ファイルに保存されたテストデータを検索して検索し、データ処理とレポート生成をスケジュールし、データ形式を標準化します。
  • テストモニタリングと結果管理
    インタラクティブなレポート作成と傾向分析を使用して、中央のブラウザベースのダッシュボードを使用して、テストアクティビティを監視し、すべてのテストステーションでテスト結果を収集します。

ペリテックSystemLinkリモートソリューションのデジタルトランスフォーメーション

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation; DX):
ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させるという概念。企業がテクノロジーを利用して事業の業績や対象範囲を根底から変化させる

  • 状況認識:対話型ダッシュボード、設定可能なアラーム、拡張可能なレポートを使用して、テスト操作について理解を深めます。
  • 根本原因分析:エンジニアリング中心のユーザインタフェースと分析ツールを使用して根本原因の特定を促進し、意味のあるパターンと相関関係を見つけます。
  • インテリジェントオートメーション:リモートでスケジュールされたソフトウェアの更新、デバイス管理、システム診断、データの統合、分析を積極的に認識する。
  • 状況認識:対話型ダッシュボード、設定可能なアラーム、拡張可能なレポートを使用して、テスト操作について理解を深めます。
  • 根本原因分析:エンジニアリング中心のユーザインタフェースと分析ツールを使用して根本原因の特定を促進し、意味のあるパターンと相関関係を見つけます。
  • トレーサビリティ:システムステータスとテストデータの自動記録保持、およびキーイベントに関連付けられたユーザにより、監査コンプライアンスを強化できます。

SystemLink Specialty

SystemLink SpecialtyはNational Instruments社がSystemLinkの技術パートナーとして認定した企業コミュニティです。
ペリテックはパートナー企業であるNational Instruments社のSystemLink Specialty パートナーとして登録されています。SystemLinkのスペシャリストとして、お客様にSystemLinkのサービスを提供させていただきます。

紹介動画

Systems Managerの概要
SystemLinkテストモジュール

ソリューション事例

ペリテックは、リモートワークでの作業の課題を克服するためのリモート段階のレベルに分けてソリューションを提案しています。

リモートワーク事例1

レベル1

自宅のPCからオフィスのPCへ接続し、遠隔操作する。社内のシステムへアクセスしデータをやり取りする。 他の在宅メンバー、オフィス内メンバーとオンライン会議やチャットで意思疎通を図る。

リモートワーク_レベル1

レベル2

自宅のPCから測定現場のPCや測定器へ接続し、測定器の設定、状態の監視(アラームの確認)を行う。

リモートワーク_レベル2

レベル3

自宅のPCから測定現場のPCや測定器へ接続し、測定器の設定を行う。現場のメンバーとオンラインで 連絡を取りながら計測制御を行う。

リモートワーク_レベル3

レベル4

自宅のPCから測定現場のPCや測定器へ接続し、測定器の設定を行う。ルーチンワーク的な自動計測制御を行う。

リモートワーク_レベル4

レベル5

自宅のPCから測定現場のPCや測定器へSystemLinkを介して接続し、複数機器の計測制御を自動で行う。

リモートワーク_レベル5

レベル6

自宅のPC、モバイル端末(スマートフォン、タブレット等)から、クラウド上のペリテックSystemLink リモート作業ソリューションを介して、複数の拠点にあるPCや測定器、テスト機器へ接続し、計測制御を自動で行う。

リモートワーク事例3
リモートワーク事例2