ECU自動検査システム

㈱ペリテックでは、ECUのHIL(Hardware-in-the-Loop)テストシステムを商品化し、メーターパネル・エアバック・ステアリングなど数々のECUテスターをメーカー様に提供させていただいております。

自動車業界では、自動車の電子化が急速に進んでいます。環境に配慮したCO2、NOxの削減や安全性を高める技術には、電子化が不可欠となっています。電子化の基本となるマイクロコントローラを搭載した「ECU」の開発が、自動車の性能や乗り心地を決めるとさえ言われています。車載ネットワークも進化の一途をたどっており、LIN・CAN・FlexRayなどの通信技術は、機械的な伝達機構を電気的に制御する「X-by-Wire」に置き換わる技術として注目されています。

ECUテスターシリーズ

納入実績

  • SRS-ECU評価装置(エアバッグ)
  • 新ECU対応検査装置(EV車)
  • ECU基板特性検査装置
  • メーターパネルECU評価装置
  • ボディ制御ECU検査装置(パワーウィンド)
  • ステアリングECU評価装置
  • サンルーフ、ワイパーECU検査機
  • エアバッグECU検査装置
  • 電子燃料噴射ECU検査装置
  • エンジンECU検査装置
  • 他 多数

ECU自動検査装置(納入例)

電子燃料噴射装置用 ECU自動検査装置
電子燃料噴射装置用 ECU自動検査装置
  • A社 生産技術部グループ
  • 3車種 高温、低温、校正の計9台納品
  • マニュアル車、AT車、CVT車に対応
  • ロボットハンドラと接続して1日2000台を自動検査
  • 車種の追加、検査項目の変更については、テストプログラム(TestStandシーケンスファイル)を客先にて作成して対応

メーターパネル自動検査装置(納入例)

メーターパネル用 自動検査装置
メーターパネル用 自動検査装置
  • B社 品質保証グループ
  • メーターの指針とパネルランプテストを画像処理で実施
  • バイク用メーターパネル10機種に対応
  • 高温槽を使用して高温テストに対応
  • 車種の追加、検査項目の変更については、テストプログラム(TestStandシーケンスファイル)を客先にて作成して対応

ECU自動検査装置(納入例)

電子燃料噴射装置用 ECU自動検査装置
電子燃料噴射装置用 ECU自動検査装置
  • C社 品質検査グループ
  • バイク用ECU 10機種に対応
  • I/F BOXに実負荷接続可能
  • バイポーラ電源を搭載し電圧変動試験に対応
  • 車種の追加、検査項目の変更については、テストプログラム(TestStandシーケンスファイル)を客先にて作成して対応

エンジンECU自動検査装置

システム構成

システム構成

インターフェースBOX

ECUの回路・検査内容に応じて設計

ソフトウェア構成

ソフトウェア構成

ソフトウェア構成

ECU自動検査とLabVIEW

周期、パルス幅、デューティの計測

周期、パルス幅、デューティの計測

電圧変動によるターンオフ時間計測

電圧変動によるターンオフ時間計測

CAN通信によるデータ確認

CAN通信によるデータ確認

機能表

区分機能内容備考
基本機能操作画面と結果保存①製品情報、検査日時、検査担当者の入力画面 ②バーコードリーダの読み取りでオートスタート ③検査結果の画面出力 ④検査結果のファイル出力(CSV、エクセル、etc)グラフィカル言語 LabVIEWで作成
検査機能電圧変動試験①電圧変動パターンの登録と実行外部電源制御
ECU ⇔ CAN通信機能①ROMテスト、RAMテスト ②EEPROMのRead/Write ③デジタル信号(キースイッチ、etc)の設定、取得 ④センサ値(アクセルポジション、温度、速度、etc)の設定、取得 ⑤情報(シリアルナンバー、エラーコード、etc)の設定、取得通信速度: 125K~1000Kbps
デジタル信号診断機能①イグニッションスイッチ、エンジンスタート ON/OFF ②電圧センサ(5V、12V) ON/OFF ③ヒーター制御信号 ON/OFF ④ソレノイドコイル ON/OFF ⑤アクチュエータ(位置決め)  ON/OFF ⑥ウォッチドグパルス ON/OFFインターフェースBOX回路で TTLレベルに信号調節
アナログ電圧診断機能①ヒーターON電圧 ②ソレノイドコイルON電圧 ③アクチュエータ(位置決め)ON電圧 ④トラブルランプON電圧 ⑤エンコーダON電圧インターフェースBOX回路で 電圧レンジ:±10V範囲に信号調節
パルス周波数診断機能①エンコーダパルス周波数 ②トラブルランプON/OFF周期サンプリング速度:MAX 100MHz

費用・納期

  • 性能
    • 検査項目 : 240試験
    • タクトタイム : 240秒 → 1試験1秒(平均)
  • 費用
    • 購入品、ハードウェア開発、ソフトウェア開発
    • 合計 : 600万円 (購入品 約300万円)
  • 納期・開発期間 : 3ヶ月

進化するシステム

進化するシステム