NI製品で構成した状態監視用のIoTシステム、安全性の確保に向けてSUBARUの実験施設に導入


SUBARUでは、安全性の確保に向けた取り組みを従来から行っていた。しかし、自主保安は個別の試験室ごとに設けられており、統括的ではなかった。そこで、ナショナルインスツルメンツ(NI)の製品群を使用して、統括管理が可能な安全監視システムを導入することとなり、設計/実装をペリテックが担当した。

状態監視用のIoTシステム

概要

本​システム​は​(Internet of Things)​を​活用​した​非常​に​大規模​な​システム​と​なる​こと。​次に、​ハードウェア​に​堅牢​性​を​有​し、​24​時間​365​日​の​稼働​に​耐え​られる​こと。​第三​に、​データ​の​保存​方法​や​UI​など​の​面​で、​ソフトウェアについては既製品では要件を満たせず、​新規​に​構築​する​必要​が​ある​こと。​さらに、​仕様​が​随時​ブラッシュ​アップ​さ​れる​こと​も​想定​さ​れ​た​ため、​初期​の​ハードウェア​構成​に​縛​られる​こと​なく、​プログラム​を​更新​する​だけ​で​スピーディ​に​機能​を​改変​できる​よう​な​柔軟性​も​備え​て​いる​こと。

※ ナショナルインスツルメンツ社HPの事例紹介より抜粋


詳細はナショナルインスツルメンツ(NI)社のHPにて掲載されています。