言語 Language:

日本一のLabVIEWエンジニア企業

インテグレーション

インテグレーション

LabVIEWを活かしたソフトウェア開発、システム設計

多彩な実績

実績

4000件以上の多彩な開発実績

LabVIEW

LabVIEWについて

LabVIEWのシステム開発日本一

PICK UP/トレンド 情報

LabVIEW基本講座

LabVIEW基本講座

LabVIEWとは、どのようなプログラムなのか、何ができるのか、どのように使うのか?
LabVIEWの画面をご覧いただきながら、LabVIEWの操作方法、プログラムの描き方、表示などを解説していきます。

動画・PV

動画・PV

ペリテックの動画一覧を掲載。
ペリテック会社紹介| LabVIEWのプログラミング講座 | LabVIEWを趣味と共に楽しむ動画シリーズ | 製品・開発事例のプレゼン動画

MRリアルタイム情報共有システム

MRリアルタイム情報共有システム

MRリアルタイム情報共有システムは、大規模な設備設置の必要性がなく、映像・画像・音声データをリアルタイムで情報共有でき、スムーズな情報の相互把握により作業の効率化・迅速化が可能になります。

ホロレンズを使用した遠隔作業支援

MRロボット遠隔操作システム

MRロボット遠隔操作システムは、HoloLens2にロボット操作装置・操縦桿、ロボット実機をホログラム投影し、ヴァーチャルリアリティーにて遠隔地のロボットを操作し作業を効率化します。

実績例

ロボティクス・モーションキャプチャ・AR・VR

ロボティクス・モーションキャプチャ・MR・AR・VR

ロボティクスプログラム | モーションキャプチャティーチング | HoloLens(MR)計測システム | MRロボット遠隔操作システム | MRリアルタイム情報共有システム

AI・状態監視・画像解析

AI/ディープラーニング・IoT・画像解析

IoT状態監視システム | AI機械学習システム | 画像処理

自動車関連計測

ECU試験 | CAN通信解析 | 車載データロガー| BCI試験 | ステアリング性能耐久試験 | メーターパネル自動評価

IC・半導体/エレクトロニクス

IC・半導体/エレクトロニクス

ICテスタ | ファンクションテスタ | LEDチップテスタ

音響・振動

音響・振動

音の見える化・音源可視化・音源探査システム | 振動モニタ

EMI・電磁ノイズ評価

近傍磁界 | 3次元ノイズ測定 | ノイズ源探査 | イミュニティテスト

RFIDテスタ

RF/RFID・無線通信

RFIDテスタ | ZigBeeテスタ | RF信号アナライザ | APD(振幅確率)分布測定機

鹿児島宇宙センター気象観測システムの開発 「気象データ処理設備更新および イプシロン打ち上げ対応設備」

航空宇宙

JAXA鹿児島宇宙センター気象観測システム | ドローンプログラミング

医療/ライフサイエンス

医療/ライフサイエンス

運動機能訓練評価装置 | 医療教育用ロボットアーム | 遺伝子検査装置 | 胃電図

最新記事

  • NI MAX VISAテストパネル画面
    NI MAXのVISAテストパネル画面について説明します。VISAテストパネル画面では、PCに接続した計測デバイスの通信制御を行うことができます。本ページでは、VISAテストパネルの画面の一覧を掲載しています。
  • LabVIEW基本講座 ハードウェア編
    LabVIEWで、計測システムにおいて基本となるセンサから電気信号の測定、アナログ入力、アナログ出力、デジタル入出力、計測器を制御する通信を行う方法について説明します。
  • DAQmx LabVIEWプログラミング
    関数パレットからDAQmx関数を使用したプログミングについて説明します。DAQmx関数を選んで、DAQ(データ集録デバイス)と​電圧、​電流などの入力、出力プログラムを作成します。
  • LabVIEWサンプルを検索
    でサンプルを検索する方法を説明します。タスクから選択する方法、キーワード検索、ハードウェアを指定して実行可能なサンプルVIのみ検索する手順を説明します。
  • LabVIEW計測・制御シリーズ 新作動画 公開 2021年11月
    LabVIEWプログラムを作成して計測器を実際に動作させてみるシリーズ第5弾 Tektromnix デジタルオシロスコープ DPO7254CをUSB-GPIBで PCと接続しリモートで制御しました。
  • DAQアシスタント
    LabVIEWのDAQアシスタントを説明します。DAQアシスタントは、Express VIであり、表示されるダイアグラム対話式で構成することで、DAQmxプログラムを構築できます。

MENU
Translate »
PAGE TOP